プロフィール

のび

Author:のび
ようこそ!

解析
光インターネット
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |
イギリスの映画誌エンパイアが読者投票によって集計したランキング
「最も笑えるコメディ映画」

1位 フライング・ハイ(80)

2位 俺たちニュースキャスター(05)

3位 ビッグ・リボウスキ(98)

4位 ライフ・オブ・ブライアン(79)

5位 モンティ・パイソン・アンド・ホーリー・グレイル(75)

6位 ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い(09)

7位 裸の銃を持つ男(88)

8位 ボラット栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習(06)

9位 ジム・キャリーはMr.ダマー(94)

10位 ショーン・オブ・ザ・デッド(04)



恥ずかしながら一つもまだ観ていません。(爆)

ハングオーバーは比較的新しめでいつか観ようとは思っていたのですが
古いのでもやっぱり多いですね。

そもそもコメディってそんなに観ないので
もうちょっと手を付けてみようと思います。



今まで観た中では「ブルース・オールマイティ」とか
「宇宙人ポール」が面白かったですね。

スポンサーサイト

2012/06/30(土) 20:43 | コメント:0 | トラックバック:0 |
スパイダーマンと言えばアメコミのキャラクターで有名で
映画もシリーズ化して作られています。

スパイダーマンについて1

しかしスパイダーマン1、2、3と作られたところで
次の作品が「アメイジング・スパイダーマン」ということで
一体どうなったの?という人も少なくないみたいですので
ここで少し解説します。



最初の作品サム・ライミ監督による「スパイダーマン」です。

敵キャラはグリーン・ゴブリンです。

スパイダーマンについて2

スパイダーマンシリーズの始まりとして
どういう風にスパイダーマンが誕生したかというところと
初めての敵との遭遇が描かれています。

サム・ライミ監督と言えば「死霊のはらわた」など
ホラー映画で有名でしたので
公開前は一体どんなスパイダーマンになってしまうのかと
大分懸念の声もあったようですが実際に公開されてびっくり!

とても良い出来でした。

全然ホラー要素が入っていません。(当たり前ですが。(笑))



次の作品が続編「スパイダーマン2」で敵キャラはドクター・オクトパスです。

スパイダーマンについて3

わたしが知る限りではスパイダーマンシリーズ中1番の人気かと思います。

1作目ではスパイダーマンになる過程がありましたので
その分は2作目がありませんから時間的にも余裕があり
好きなことが出来たというのが良かったのかと思います。

監督もそのままサム・ライミ監督ですので
シリーズとしてのブレがありません。



次の作品も続編にあたる「スパイダーマン3」で
敵キャラはサンドマンとヴェノムです。

スパイダーマンシリーズ4
スパイダーマンについて5

厳密にはもう一人出てきますが生粋の敵ではないので省略します。

3作目も2作目ほどではありませんが
それなりの人気があるように思います。

監督もそのままサム・ライミ監督でそうして考えると
サム・ライミ監督は3作のシリーズを見事に成功させたとも言えます。



ちなみに1作目から3作目にかけて
スパイダーマン(ピーター・パーカー)を演じたのはトビー・マグワイアで
MJ(メリー・ジェーン・ワトソン)を演じたのがキルスティン・ダンストです。

また主人公の親友ハリー・オズボーンを演じたのはジェームズ・フランコで
そういうシリーズを通して役者を代えないのが良かったですね。



そこへきての「アメイジング・スパイダーマン」です。

スパイダーマンについて6

役者も代わりタイトルもナンバリングではなくなりました。

「でも今までのスパイダーマンの続きなの?」
とわたしの知り合いの中でも良くそういう質問が飛びます。

今までの続きではありません!

全く新しいシリーズです。(続編が出来るかは分かりませんが。)

なのでまたどういう風にスパイダーマンが誕生するのか
というところから始まります。

正直そこはなくても良いと思うんですけどね。^^;



また恋人のキャラクターも違います。

今まではMJでしたが今回はグウェン・ステイシーという人です。

そういう面でも全く違ったものと考えて良いと思います。



監督もサム・ライミ監督からマーク・ウェブ監督に代わりました。

なので作品全体としても少し違う雰囲気かと思います。



今までのシリーズのファンとしてはその改変に戸惑うとは思いますが
でも今回のが駄作とは限りません。

もしかしたら前シリーズより良い出来かもしれません。

そう考えると前シリーズのファンのわたしとしても
非常に観るのが楽しみです。^^

やっぱり監督、役者総入れ替えは残念でしたけどね。



何故監督、役者が入れ替わったのかというと
監督が配給会社(?)と喧嘩をしたんだそうです。(おぼろげですが…。)

そこで監督が降板させられると立て続けに主人公役のトビー・マグワイアが
「サム・ライミ監督でないのならぼくも出たくない。」
と言い始め総入れ替えが決定したそうです。

もしトビー・マグワイアがそのまま演じていたら
もしかしたら「スパイダーマン4」として作られたかもしれませんね。



アメイジング・スパイダーマン」の感想書きました!


2012/06/28(木) 21:30 | コメント:0 | トラックバック:0 |
2009年にレンタルショップのTSUTAYA(ツタヤ)が
名作映画100本を選んで期間限定でレンタル料金100円!
というキャンペーンをしたのをご存知でしょうか。

その映画100本をまとめました。

テーマごとに分かれています。



「心が泣いた」

I am Sam/アイ・アム・サム
いまを生きる
オール・アバウト・マイ・マザー

ガタカ
ギルバート・グレイプ
クレイマー、クレイマー
クラッシュ

サウンド・オブ・ミュージック
シザーハンズ
死ぬまでにしたい10のこと
ショーシャンクの空に
素晴らしき哉、人生!
スモーク

ダンサー・イン・ザ・ダーク
天国から来たチャンピオン

ニュー・シネマ・パラダイス
フォレスト・ガンプ/一期一会

ミリオンダラー・ベイビー

ライフ・イズ・ビューティフル
レオン



「友を信じれるか」

明日に向かって撃て!

スタンド・バイ・ミー

ダイ・ハード
ディア・ハンター

ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア

プロジェクトA

ミッドナイト・ラン



「恋におちて」

エターナル・サンシャイン
きみに読む物語
恋しくて
ゴースト/ニューヨークの幻

ショコラ
スウィート・ノベンバー

ナイトメアー・ビフォア・クリスマス
ノッティングヒルの恋人

初恋のきた道
ビフォア・サンライズ/恋人までの距離

マディソン郡の橋
ムーラン・ルージュ

ラブ・アクチュアリー
猟奇的な彼女
ローマの休日



「とにかく、ハッピー」

アメリ

キューティ・ブロンド

スクール・オブ・ロック

25年目のキス

プリシラ

メラニーは行く!
メリーに首ったけ



「これがわたしの生きる道」

エリン・ブロコビッチ

コヨーテ・アグリー

シカゴ

ドリームガールズ

プラダを着た悪魔
ブリジット・ジョーンズの日記



「誰のために死ぬか」

アンタッチャブル
インファイナル・アフェア

グッドフェローズ

タクシードライバー

バックドラフト
ブラック・レイン

レザボア・ドッグス



「映画とは」

風と共に去りぬ
ゴッドファーザー

スター・ウォーズ/新たなる希望(EP4)

時計じかけのオレンジ デジタルリマスター版

ブレードランナー

マッドマックス
マトリックス
燃えよドラゴン

ロード・オブ・ザ・リング



「脚本が映画の命」

十二人の怒れる男
スティング

ネバーランド

ファイト・クラブ

メメント

ユージュアル・サスペクツ

ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ



「ザ・サスペンス!」

アマデウス

シックス・センス
セブン

バタフライ・エフェクト
羊たちの沈黙
ファーゴ



「この先は誰かに聞いて~!」

CUBE
グーニーズ
激突!

バック・トゥ・ザ・フューチャー
ボーン・アイデンティティー

レイダース/失われた聖櫃(アーク)



「信じて戦っただけ」

シンドラーのリスト
ストリート・オブ・ファイヤー

フェイス/オフ
プライベート・ライアン
プラトーン
フルメタル・ジャケット デジタルリマスター版



「世界を知れ」

カッコーの巣の上で

シティ・オブ・ゴッド

トゥルーマン・ショー

8 Mile



凄い!

こうしてジャンルというかテーマで分かれていると
自分の今観たい気分でチョイスしやすいですね。

かなりの映画の数観て何選んでいいか分からない
という方はこちらから選んでみてはいかがでしょうか。^^


2012/06/17(日) 20:51 | コメント:0 | トラックバック:0 |
「第二回午前十時の映画祭」で上映された作品一覧です。



甘い生活 完全復元版
アメリカン・グラフィティ
E.T. 20周年アニバーサリー特別版
麗しのサブリナ
エイリアン
大いなる西部

風と共に去りぬ
華麗なる賭け
がんばれ!ベアーズ
キャリー
禁じられた遊び
汚れなき悪戯
荒野の七人
荒野の用心棒
ゴッドファーザーPARTⅡ

サウンド・オブ・ミュージック
さよならをもう一度
サンセット大通り
ザッツ・エンターテインメント
シェーン
シザーハンズ
シベールの日曜日
シャレード
情婦
素晴らしき哉、人生!
007/危機一髪(ロシアより愛をこめて)
卒業

ダーティハリー
タクシードライバー
月の輝く夜に
ディア・ハンター
ディーバ
友だちのうちはどこ?

ドクトル・ジバゴ

ナバロンの要塞

ハスラー
バック・トゥ・ザ・フューチャー
バンド・ワゴン
昼顔
フレンチ・コネクション
ブラック・サンデー

M★A★S★H マッシュ
真夜中のカーボーイ


山猫 イタリア語・完全復元版
ヤング・ゼネレーション
夜の大捜査線

レベッカ
ロンゲスト・ヤード



どれも第一回で選ばれなかったのが不思議なくらいの名作揃いですね。^^

観たことはなくても一度は名前を聞いたことのあるものばかりかと思います。

わたしは第一回ではそんなに観なかったのですが
この第二回では多くの作品を観させていただきました。

自分がまだ生まれてもいない頃の名作を
こうして映画館で観れたことが本当に良かったです。

この催しには心の底から感謝しています。^^



「第一回午前十時の映画祭」はこちら


2012/06/13(水) 20:33 | コメント:0 | トラックバック:0 |
英エンパイア誌が2009年に発表した
「史上最高の続編映画50本」です。

1作目も面白かったけど続編も良かったよね!
という映画のランキングです。^^

ただしあらかじめ2部作、3部作と予定されていたものは除外されています。

例えば「ロード・オブ・ザ・リング」などですね。



1位 「エイリアン2」(1986年 ジェームズ・キャメロン監督)

2位 「ゴッド・ファーザーPART II
       (1974年 フランシス・フォード・コッポラ監督)

3位 「ターミネータ-2」(1991年 ジェームズ・キャメロン監督)

4位 「トイ・ストーリー2」(1999 ジョン・ラセター監督)

5位 「ダークナイト」(2008年 クリストファー・ノーラン監督)

6位 「スター・ウォーズ/帝国の逆襲
       (1980年 アービン・カーシュナー監督)

7位 「ボーン・スプレマシー」(2004年 ポール・グリーングラス監督)

8位 「ビフォア・サンセット
       (2004年 リチャード・リンクレイター監督)

9位 「スーパーマンII冒険篇」(1981年 リチャード・レスター監督)

10位 「死霊のはらわたII」(1987年 サム・ライミ監督)

11位 「X-MEN2」(2003年 ブライアン・シンガー監督)

12位 「スター・トレック2/カーンの逆襲
       (1982年 ニコラス・メイヤー監督)

13位 「バットマン・リターンズ」(1992年 ティム・バートン監督)

14位 「インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説
       (1984年 スティーブン・スピルバーグ監督)

15位 「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
       (2007年 デビッド・イェーツ監督)

16位 「フレンチ・コネクション2
       (1975年 ジョン・フランケンハイマー監督)

17位 「エルム街の悪夢/ザ・リアルナイトメア
       (1994年 ウェス・クレイブン監督)

18位 「ボーン・アルティメイタム
       (2007年 ポール・グリーングラス監督)

19位 「死霊のえじき」(1985年 ジョージ・A・ロメロ監督)

20位 「デスペラード」(1995年 ロバート・ロドリゲス監督)

21位 「スター・ウォーズ/ジェダイの復讐」
22位 「スパイダーマン2」
23位 「バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2」
24位 「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」
25位 「インディ・ジョーンズ/最後の聖戦」
26位 「ハスラー2」
27位 「アダムス・ファミリー2」
28位 「愛と宿命の泉 PART II/泉のマノン」
29位 「ゾンビ」
30位 「リーサル・ウェポン2/炎の約束」

31位 「オズ」
32位 「スクリーム2」
33位 「グレムリン2 新・種・誕・生」
34位 「ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク」
35位 「バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3」
36位 「ミッション:インポッシブル3」
37位 「ハロウィン3」
38位 「ダイ・ハード3」
39位 「ナショナル・ランプーン クリスマス・バケーション」
40位 「四銃士」

41位 「エルム街の悪夢3 惨劇の館」
42位 「ブレイド2」
43位 「28週後...」
44位 「ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー」
45位 「裸の銃〔ガン〕を持つ男 2 1/2」
46位 「スタートレック ファーストコンタクト」
47位 「フライングハイ2 危険がいっぱい月への旅」
48位 「インファナル・アフェア 無間序曲」
49位 「ビルとテッドの地獄旅行」
50位 「シュレック2」

続編と言えば大体が失敗すると言われていますが
いやはや1位と3位にランクインしたジェームズ・キャメロン監督は
本当に凄いですね!

これだけ続編に定評があれば
「アバター2、3」も大いに期待出来ますね。^^

「トイ・ストーリー2」は元々は
映画館で公開しようと思って作ったのではなく
ビデオ映画?として発表するために作っていたらしいです。

ところがそのあまりの良い出来に
「映画として映画館で公開しては?」
という話が持ち上がり公開に至ったそうです。

これまた大当たりでしたね。^^



これの逆バージョンのランキングがあっても面白そうですよね。(笑)

「史上最低の映画50本」みたいな。(笑)

最低と言ったら言い過ぎですが「スピード2」とか
「ネヴァー・エンディング・ストーリー第2章」とか微妙でしたね。^^;


2012/06/09(土) 21:13 | コメント:0 | トラックバック:0 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。