プロフィール

のび

Author:のび
ようこそ!

解析
光インターネット
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |
サイレント(無声)映画で話題になったアーティストです。

アーティスト

第84回アカデミー賞で
作品賞、監督賞、主演男優賞などの5部門で受賞されました。



無声映画ということですが効果音などもなく
音としてあるのは音楽のみです。

ただ厳密には完全サイレント映画というわけではなくて
さらっと効果的に音が入るシーンも見られます



サイレントでアカデミー賞の作品賞受賞ということで
かなり話題となりました。

しかしわたしの率直な感想としては
思っていたほどではなかった」です。



非常に良く出来ていて
まさに白黒サイレント時代の当時を再現しました!
という感じが出ていてそれはひしひしと伝わってきました。

ぼくもまだ20代ではありますが
いくつかの白黒映画は観させていただいています。

しかしその再現具合が上手く出来ているだけであって
何故それを今?という風に思いました。



詰まる所若い頃に白黒映画を観ていた方々には
昔のことをいろいろ思い出したりして
大変素晴らしい映画に感じられたと思いますが
今の若い人などには

「白黒映画だけど…それで?」

というところから抜け出せないと思います。

内容自体も非常に単純で
その単純さもより一層当時っぽいんだと思いますが
やっぱり今の人には面白味が足りないのではと感じました。

事実ぼく自身がそうでした。

なのでそういう覚悟でご覧いただくと良いかもしれません。

昔からの映画玄人には◎

娯楽映画を求む人にはいまひとつかと思います。



[オフショット]

artist



[初回限定仕様コレクターズエディション]



特典

・アウターケース
・ブックレット(24P)
・ポストカード3枚
・メイキング映像
・NGシーン集
・フォトギャラリー他

2012/04/28(土) 19:38 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。