プロフィール

のび

Author:のび
ようこそ!

解析
光インターネット
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |
説明は不要でしょう「ジュラシック・パーク」です!

ジュラシックパーク

一応ざっくりと説明を。(笑)

太古の琥珀から恐竜のDNAを基にクローンの恐竜を作り
その恐竜を使った巨大テーマパークが舞台の映画です。

パーク自体はまだ営業はしておらず
このパークは開園して本当に大丈夫かというのを調べる為に
様々な分野の博士などが訪れたところに問題が生じます。



この映画はとにかく小学生のころから何度も観ており
吹替えで観ていたのですが
よく日常生活で台詞を多用していました。(笑)

それくらい何度も観ていてとにかく好きな映画です。^^

この映画に影響を受けて空き地で化石堀りをしたものです。(笑)



この映画の凄いところは誰もが納得のその恐竜の映像です。

とにかくリアルで今観ても全然違和感がありません。

90年代前半の映画なのに本当に凄いですよね。

まるでそこにいるかの様な動きで登場人物達を翻弄します。

主にCGですが場面によってはロボットが使われているそうです。

そもそもは人形を使った
ストップモーションで作られる予定だったらしいのですが
本作より2年ほど早く公開された「ターミネーター2」のCGを観て
「ジュラシック・パーク」もCGで行こう!ということになったそうです。

ストップモーションの技術者の方々はなんだか気の毒ですね。

結構撮ってたみたいですし。^^;



もう一つこの映画で特筆すべきことは「音楽」です。

スティーブン・スピルバーグ監督の映画ではすっかりお馴染みの
ジョン・ウィリアムズ氏が作曲しています。

彼の音楽はどれも耳に残るものが多く
「スター・ウォーズ」や「ジョーズ」
「スーパーマン」や「ホーム・アローン」など
スピルバーグ監督以外にも多く手掛けています。

中でもわたしが好きな音楽はやはりこの「ジュラシック・パーク」です。

テーマとなる曲が2、3曲ありその音楽だけでドラマがある様に感じます。

他にシリアス過ぎないのが良いですね。

緊迫場面では勿論緊迫感のある音楽ですがテーマ曲は爽快で壮大です。

いろいろなところでかかっている曲なので
恐らく聴いたことない人はいないとは思うのですが。



お話もただのパニック映画ではなく
いろいろと考えさせられる話もあり単純な映画ではありません

ただのパニック映画でしょ?と敬遠していた方はぜひ観てみてください。

恐らく想像とは違うもののはずです!





余談

わたしが小学生の時テレビ放映されたのを録画して
吹替えで何度も観ていたのですが
今発売されているDVDもテレビ放映されたのをそのまま使われていたので
安心して吹替えで観れました。(笑)

普段は洋画は字幕で観てますが
小学生の時とかに吹替えでずっと観ていた映画は
今でも吹替えで観たりするんですよね。

その時記憶にあるのと違う声優陣だと違和感が…。(笑)

これは安心でした。^^


2012/05/19(土) 21:02 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。