プロフィール

のび

Author:のび
ようこそ!

解析
光インターネット
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |
モキュメンタリー映画「グレイヴ・エンカウンターズ」です。

グレイヴエンカウンターズ

「ポスターの画が怖すぎる」ということで
規制がかかったのが話題となりましたね。

他に予告がこれまた「怖すぎる」ということで
記録的な再生数を出したというのも話題になりました。

最近流行りの「すぎる」ですね。(笑)



感想を率直に言うと怖くなかったです。(爆)

ホラー映画に馴染みがない人は驚愕するかもしれませんが
真新しいことは特にしていないので
この手の映画やモンスター映画をよく見ている方には全然怖くありません。

びっくりするシーンも多少ありますが
この映画の場合びっくりと怖いは結びつかないです。



特に怖くなかったという理由はお話がお粗末ということです。

こういう映画に話を求めるな!という意見もあるとは思いますが
でもこういう映画こそ話もしっかりしていたら
そういう部分でも恐怖を感じられたら絶対良いと思うんですよね。

例えば「リング」とかは話から怖いですよね。

そこからクライマックスでいよいよ貞子が姿を現して
観ている人たちは最高に恐怖を感じます。

一方この「グレイヴ・エンカウンターズ」はお話がしっかりしていない分
ただ心霊現象を体験してただ霊に?襲われて。

せっかくのモキュメンタリーなのに
完全にただのモンスター映画を観ている気分になりました。



モキュメンタリーにしても不完全で
一体誰がこの映像撮っているの?というシーンも普通にありましたし
終盤は悲鳴やうめき声みたいな音が完全にBGMと化しています。

全然実際に起こった映像に見えないのです。

終わり方も終わり方ですので
「で誰がそのビデオテープを回収したの?」
という謎が残りました。(笑)



突っ込み続きで気が引けるのですが最後に
やり過ぎ感がすごくありました。

というのもちょっと非現実的過ぎる演出がやたらと多かったなと。

建物の構造が常に変化し続ける「不思議なダンジョン」ばりの病院。

時間的には昼間なのに陽が昇らなかったりなどなど。



霊は見えないのか実体があるのかも謎と言えば謎でした。

あと霊は結局この人たちをどうしたかったのかも謎でした。



同じモキュメンタリー映画
パラノーマル・アクティビティ」が楽しめた人は楽しめる
という意見もある様ですがわたしはそうは思えませんでした。

「パラノーマル・アクティビティ」はあり得そうな映像だから怖いのです。
(わたしは楽しめた人なのです。(笑))

「グレイヴ・エンカウンターズ」はあり得ない映像なのです。



それと「悪魔」がすごいパワーを持っているのは納得出来るのですが
「幽霊」がすごいパワーを持っているっていうのは少し変な話ですよね。

同じ人間だったのにしんだらすごいパワーを手に入れる?^^;

うーん。

途中とある霊能力者がやられるシーンは吹き出しそうになりました。



ということで基本は観なくていいと思います!(爆)

どうしても気になるという方は期待し過ぎずご鑑賞ください。


2012/06/03(日) 20:29 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。