プロフィール

のび

Author:のび
ようこそ!

解析
光インターネット
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |
ポール・ヴァーホーヴェン監督の代表する映画「ロボコップ」です。

ロボコップ

一度は命を落とした男がロボットとして命をふき返し
世の中の犯罪に立ち向かうお話です。

80年代の良きアメリカ映画という感じがしてわたしは好きな作品です。



小さい頃にテレビ放映のを観ていたらしいのですが
全然内容を覚えていませんでした。

そこで改めてDVDを借りて観たのですが衝撃を受けました。

とにかくグロテスク!(爆)

殺戮シーンがとにかくリアルで凄い映画ですね。(笑)

こんなシーンを小さい頃に観ていたのかとびっくりしました。

もしかしたらテレビ放映では
そういうシーンをカットしていたのかもしれませんが。

それでもわたしの兄いわく
「気持ち悪い」
ということでしたので恐らくテレビ放映もそのままだったのでしょう。^^;



と書いていると
何がそんなに好きなのか自分でもわからなくなるのですが(笑)
勿論そこはロボコップの活躍ぶりですよね。

一度はやられた男がよみがえり活躍するのです。

そこでのロボコップの記憶はリセットされ普通の人間だったころの記憶はなく
本当にロボットの様に仕事をこなします。

しかし元同僚はロボコップが自分の知り合いだということに気付き
必死に彼の記憶を呼び覚まそうとします。

そういうアクションだけにとどまらず人間ドラマも含んだところが良いですね。



SFアクションが好きで気持ち悪い描写があっても大丈夫!
という人はぜひ観てみてください。


2012/06/10(日) 20:29 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。