プロフィール

のび

Author:のび
ようこそ!

解析
光インターネット
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |
アメリカのコミックが原作の「キック・アス」です。

キックアス

とあるコミックオタクの少年がヒーローに憧れて
力もないなりに世の中のために自分がヒーローになろうとする話です。

制作陣にブラッド・ピットが参加していることも話題になりましたね。



率直に面白いのなんの!(笑)

良い意味で裏切られます。

内容を聞いただけで面白そうだとは思ったのですが
完全にコメディ映画だと思いました。

しかし予想通り確かにコメディはコメディなのですが
ずいぶん深い話もあり単純なコメディ映画ではありません。

ヒーローとは何かを考えさせられます。



面白いのは内容もそうなのですが
所々映画や漫画のネタを絡めた話があるのが面白かったです。

例えばスパイダーマンの
「大いなる力には大いなる責任が伴う。」
という台詞を引用して
「大いなる力がなければ責任は伴わないか?それは違う。」
などなど
随所にそういうのが出てきます。

知ってると思わずにやっとしますね。(笑)



しかしそういう知識があればより面白いというだけで
知らなくても普通に映画として楽しめる出来になっています。



注意点はグロテスクな描写が割と出てくることです。

これはちょっと予想外でした。

お気を付けください。



この映画を観て誰もが感想にこの名前を出すのですが
クロエ・グレース・モレッツ扮する「ヒット・ガール」が
とにかく良いキャラクターなのです!

これは誰もが口々に話すのも頷けます。

本当に良い味出てて、そして可愛いです。

その可愛い女の子が大の大人をナイフで切ったり銃で撃ったり…。(笑)

アクションも凄いです、本人がやったかは知りませんが。

本当にこの「ヒット・ガール」だけで映画が作れるほどの魅力でした。



勿論主人公のバカっぷりやイケメンぶりも良いですし
「ヒット・ガール」のお父さん役のニコラス・ケイジさんも良かったです。



それぞれが主役かのような話作りにも圧巻です。

それでいてごちゃごちゃ感がありません。

こんなに純粋に面白かった!と素直に言える映画は久しぶりでした。^^

お勧めです!


2012/06/11(月) 20:56 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。