プロフィール

のび

Author:のび
ようこそ!

解析
光インターネット
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |
バットマンビギンズ」の続編「ダークナイト」です。

ダークナイト

内容はバットマンの宿敵としても名高い
「ジョーカー」の闘いと
新たな敵「トゥー・フェイス」の暴走を描いています。



それぞれティム・バートン監督の「バットマン」と
ジョエル・シュマッカー監督の「バットマンフォーエバー」に
出てきていた敵ですがそれらとは全く違います。

特にジョーカーに至ってはアカデミー賞で
助演男優賞を受賞するほどの演技を披露。

主役を食ったと評価されています。



誰しもがこの映画の感想を書くと触れるのが
そのジョーカーです。

演じたのは今は亡きヒース・レジャー。

確かに素晴らしい演技

助演男優賞受賞も頷ける。

なんだこの人!と思いました。(笑)

ただそこだけを評価するのは何か違うような気がします。

そもそもクリストファー・ノーラン監督が生み出した
新たな「ジョーカー」というキャラクターが秀逸なのです。

演技も上手いけどそれよりまず
キャラクターの確立がすごいです。

本当に圧倒されます。

これまでに感じられないくらいの脅威
そしてどうしようもない感が漂っています。

勿論ヒース・レジャーの演技あってのキャラで
これが下手くそな演技だったら
ここまでの圧倒感はなかったかもしれません。

なのでここはクリストファー・ノーラン監督と
ヒース・レジャーの二人に拍手です。



そうなると
じゃあジョーカーが凄いだけの映画なの?
となりますがそうではありません。

今までにないほどの現実的なヒーロー像を見せられ
本当のヒーローとは?というのを考えさせられます。

バットマンが頑張れば頑張るほど悪がはびこる。

バットマンがしていることは本当に正しいのだろうか?

一般人から嫌われる所詮は無法者。

それでも自分を信じ
がむしゃらに頑張るしかないバットマン。

街に嫌われても街のために今日も奮闘するのです。



よくこの映画は「アメコミの域を超えた」と言われますが
本当にそう思います。

もしアメコミもしくはヒーローものだからと
敬遠している方は騙されたと思ってぜひ観てください

わたしはDVDで観たのですが
本当に映画館で観れば良かったと後悔しました。

(公開当時は映画館に観に行く習慣がなかった。)

今ではわたしの好きな映画ベスト5には
絶対入るほどのお気に入りです。

とにかくお勧めです!



続編「ダークナイトライジング」の感想はこちら


2012/07/12(木) 21:22 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。