プロフィール

のび

Author:のび
ようこそ!

解析
光インターネット
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |
アン・リー監督がアカデミー監督賞を受賞した
「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」です。

raihuobupai



まずはじめに言っておきたいんですが
ぼくはこれ最高に好きです!

4回観に行きました!

もっと沢山観る人は観てるんでしょうが
ぼくは基本どんなに面白くても2回が良いところです。

ですがこの「ライフ・オブ・パイ」に関しては4回です。

しかも宮城県在住なのですが
内1回は東京でIMAXで観てきました。笑

それくらい本作がツボでした。



内容に関しては思ったような感じではなかったです。

結構多くの人がそのような感想になっていますね。

というのも予告とか見る限り
本当に単純にトラと漂流するアドベンチャー映画
かと思うんですよね。



でもそういう映画ではないんです。

勿論そういう部分も面白いんですが
そこがポイントではありません。

この映画は最終的にこの話をどう思いますか?
という問いかけの映画となっています。

問いかけと言うよりかは
観た人に考えをゆだねるような作りです。



その結果

「は?何これ意味わかんねー。」

っていう人と

「なるほど!何これ深い!」

っていう人に分かれるのです。

ぼくは言うまでもなく後者でした。



あまり突っ込んだ話はできませんが
もしこれから観るのであれば
しっかり序盤からのお話の内容を覚えておいてください。

全てが伏線になっていると言っても過言ではないです。

あああれはこれなのかな?こういうことか?

そういう考えが頭の中を行き来し
最終的にどこにも行き着きません。爆

答えはその観た人なりに考えるしかありません。

故に観た人と熱く語り合いたくなるような映画です。



ぼくも観終わった直後は
面白かったのかつまんなかったのか
正直よくわからなかったです。

でも帰りに車を運転しながらあれこれ考えていたら
なんだか凄く面白く感じてきて
帰り途中違う映画館でプログラムを買いました。笑

結果4回も観るとは。



あれこれ考えたい!という人にはぜひお勧めです!

もっと単純明確にしてくださいという感じの人は
無理して観る必要はないでしょう。


2013/03/11(月) 21:55 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。