プロフィール

のび

Author:のび
ようこそ!

解析
光インターネット
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |
リドリー・スコット監督による映画「プロメテウス」です。

purometeus



いろいろ言われている映画ですが
良いとか悪いとか。

予告詐欺とかなんだとか。



確かに予告から受ける印象と
実際映画を観た後の感想は違うかもしれません。



でもそれって結局「監督のせい」です。

それについてはネタバレになるので追記で書きます。



内容としては「エイリアン」の監督というだけあって
かなりエグいシーンもあります。

そういうグロいの思い付いても普通再現しないでしょ苦笑
っていうくらいのシーンもあります。

ある意味では期待を裏切らないリドリー監督ですね。



ということくらいしか言えないです。苦笑



結果意味わからんっていう感じでしょうか。

予告で言われている謎とかは解決しません。

終わりも続きを考えているのかは知りませんが
中途半端なところで終わります。

それもそのはず
監督がやりたいことはもっと別のところにあったからです。



映像クオリティは最高です。

緊迫感も健在です。

でも意味はわからないです。

それでも観たい方は観てください。爆





※ここからネタバレです。

この映画は「エイリアンの誕生」を描いています。

でも監督はそれを最後のサプライズとして持ってきます。

結果どういう風になったかというと
宣伝側はどう宣伝していいかわからなくなっていたように思います。



なぜか。

それは最大の売りである「エイリアンの誕生」という
メインテーマがシークレットとなっているので
それ以外でお客の興味を持たせなければならなかったからです。

その苦肉の策が「人類の起源とは?」ということなのです。



しかしそれが仇となって
観客には全く理解しれもらえなくなってしまいました。

人類の起源とか言ってエイリアンの誕生映画じゃねーか!

という感じですね。

まだ人類の起源について解決しているのならいいのですが
それも結局は謎のままなのです。

そうすると宣伝を見て映画を観た人は不満ですよね。

その反動がレビューサイトの感想に出ていると思います。



それでなくても「エイリアンの誕生映画」としても
ちょっと不出来です。

結局最後の方にちょろっとエイリアンが出てくるだけなのです。

そういう意味ではどっちつかずな映画になっていたと思います。



なのでリドリーさんはもう大っぴらに
エイリアンの誕生映画を作るべきだったと思います。

それこそ「エイリアン0(ゼロ)」というように。

エイリアンシリーズのファンは本当に多いです。

もしそのエイリアンの誕生を丁寧に描けていたら
もっともっとエイリアンという存在は確立されていたと思います。

宣伝としても大いにそれを使えるのでやりやすかったはずです。

興行成績的にももっと良かったはずです。

もしかしたら「エイリアン」自体の評価も
改めて上がっていたはずです。



そういう意味ではぼくもちょっと残念な映画でした。

誤解を恐れず言うならば
もう一回作り直してほしいくらいに思っています。


2013/03/14(木) 22:31 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。