プロフィール

のび

Author:のび
ようこそ!

解析
光インターネット
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |
映画レビューサイトをよく利用します。

自分では全然投稿しないんですが
他の人のレビューを結構参考にします。



その結果総合評価みたいなのもあるわけで
それを参考に観る観ないを決めることも多々あります。



でもそれが全てではないという認識もありまして
評価が低くても観に行く映画も多いですし
評価が高くても観に行かない映画もあります。



評価が低くても面白そうだったら余計に観るのが楽しみです。

それは世間一般的には受け入れられていない映画を
自分はどういう風に感じるんだろうか
という見方ができるからです。



逆もまた然り。



今まで世間一般とずれている映画は
「パラノーマル・アクティビティ」
「ソーシャル・ネットワーク」
「レ・ミゼラブル」
「リアル・スティール」
などなど。

他にもあるかもしれませんが
これらは少しずれてましたね。



パラノーマル~は言わずもがな。笑

結構賛否両論な感じでしたね。

まあ否の方が圧倒的に多いわけですが
ぼくは賛だったのです。



ソーシャル~は大好きです。

アカデミー作品賞取れなかったので残念です。

ジェシー・アイゼンバーグさんが主演賞取れなかったのも残念です。

でもレビューサイトでは
そこまで称賛されている映画ではありませんね。



レミゼラブルはお話がちょっと微妙…という印象。

でも評価は良いですね。

勿論お話が全てというわけではないですが
ぼくの中ではそこまで高評価というわけではなかったです。



リアルスティールはもうちょっと設定を凝ってほしかったですね。

ちょっとした近未来でロボットが凄い技術なのに
普通の生活には全然利用していないのに違和感がありました。

あと主役ロボットが人間の動きを
そのまま真似るのか鏡的に真似るのか
そこ等辺の統一性がなかったですね。

そういう作り込みの甘さが少し気になりましたが
高評価ですね。





という感じで今「クラウドアトラス」を観るか観ないか迷ってます。

評価はかなり低いですね。

レビュー読む限り「つまらない」そうですがうーん。

ここまではっきりつまらないと言われると
流石に観る気がなくなってきました。笑

しかも3時間近くありますからね。



多分観ないです。爆



でも面白かった!っていう感想があったらお待ちします!


2013/03/22(金) 22:04 | コメント:3 | トラックバック:0 |
今サム・ライミ監督による「オズ はじまりの戦い」が気になってます。



元々予告見ても全然ぴんと来なかったのですが
監督がサム・ライミさんっていうのと
主演がジェームズ・フランコさんっていうのには魅力を感じていて
でもなんか微妙そうだよなーなんて思ってたんです。

しかし友人がお勧めしていて
レビューサイトでちらっとレビューを見たら
なんか結構面白そうじゃん!って思えてきました。笑



サム・ライミさんとジェームズさんと言えば
「スパイダーマン」を思い出します。

ジェームズさんは主人公の親友役でしたが
あの時から結構ファンです。

サム・ライミ監督は「スペル」が結構面白かったですね。

こてこてのスプラッター?ホラー?ってまだ観てないんですが
スペルはホラー映画を超えて途中コメディ映画でしたね。笑

そういう斬新さも然ることながら
スパイダーマンのようなヒーローものの描き方
そこから更に今回ファンタジーものということで
そういう意味でもオズちょっと気になります。



普段ならさくっと観てるところなのですが
いかんせん仕事の方が忙しい時期なので
気軽にいろいろ観てる暇はないんですよね。

今は「クラウド アトラス」の方が気になってますし。



これから更に仕事がピークを迎えるので
「リンカーン」が観れるか心配です…。



助言お願いします。笑


2013/03/15(金) 19:29 | コメント:0 | トラックバック:0 |
リドリー・スコット監督による映画「プロメテウス」です。

purometeus



いろいろ言われている映画ですが
良いとか悪いとか。

予告詐欺とかなんだとか。



確かに予告から受ける印象と
実際映画を観た後の感想は違うかもしれません。



でもそれって結局「監督のせい」です。

それについてはネタバレになるので追記で書きます。



内容としては「エイリアン」の監督というだけあって
かなりエグいシーンもあります。

そういうグロいの思い付いても普通再現しないでしょ苦笑
っていうくらいのシーンもあります。

ある意味では期待を裏切らないリドリー監督ですね。



ということくらいしか言えないです。苦笑



結果意味わからんっていう感じでしょうか。

予告で言われている謎とかは解決しません。

終わりも続きを考えているのかは知りませんが
中途半端なところで終わります。

それもそのはず
監督がやりたいことはもっと別のところにあったからです。



映像クオリティは最高です。

緊迫感も健在です。

でも意味はわからないです。

それでも観たい方は観てください。爆





※ここからネタバレです。

続きを読む »

2013/03/14(木) 22:31 | コメント:0 | トラックバック:0 |
何かと話題になっている「テッド」です。

teddo



先に言っておきますとぼくはこの映画嫌いです。爆



何がってまあ下品。

下品は下品で良いけれど度が過ぎる下品。笑

予告である程度覚悟してたけどはるかに凌駕してました。



うわー下品。サイテー。

とかっていうことが言いたいわけではなく
下品は下品で良いけれどもっと根本的な問題で
全然笑えない!

面白い!っていう人も結構多いみたいですが
下品が笑いに繋がるのがちょっとわからなかったです。

そういう笑いではなく
もっとコミカルに笑わせてほしかったです。



言うならば中学生、高校生の悪ノリを
そのまま映画にしたかのような映画です。



結局主人公もぬいぐるみテッドも愛せませんでしたから
最後の感動シーンも大分白けてました。

随分浅い奇跡だなおい…と冷静に観てました。



あとアメリカ人はう○こネタが結構好きなんでしょうか。

他のコメディ映画でも観たことがあるんですが
ただただ汚いだけです。

そこ等辺は文化?の違いでしょうか。





という感じの感想ですので笑
多分世間一般の評価も悪いことだろうと思っていたのですが
結構良いです。苦笑

なので下ネタオッケー!下品どんとこい!という人は
面白い!どころか大爆笑かもしれません。(そういう感想も多いです。)

ぜひ観てみましょう。



一方下品=笑いにならない人は控えましょう。


2013/03/12(火) 21:57 | コメント:0 | トラックバック:0 |
おお!これは凄い!

http://news.mynavi.jp/news/2013/03/11/209/index.html





でももうお三方はおじさんおばさんですよね?

ハリソン・フォードに至っては白髪交じりで
随分老けてしまったように記憶していますが
「スターウォーズエピソード7」は
時代背景としてはいつなんでしょうか。

エピソード6の続きなのはわかるんですが
まあつまり何を言わんとしているかというと
老けてしまったけど大丈夫!?っていうことです。笑



でもやっぱり彼等の再登場は大変嬉しいですね!



いろいろ「大丈夫か?」など言われていますが(出来栄え的に)
でもスターウォーズってだけで皆結構好きですよね。

なんだかんだ言っても。

その気持ちだけで良いじゃないですか。(^0^)

もしかしたら酷い出来かもしれないけれど
それもまた一興!笑

スターウォーズの世界がまた広がるのが
純粋に楽しみです。


2013/03/11(月) 22:33 | コメント:0 | トラックバック:0 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。